ドアハンドル、レバーハンドルをはじめとする建築金物ユニオンの製品は、その全てが“アートウエア”です。
お取引先様専用
Japanese|English



Corporate Profile:企業情報

社長メッセージ

原点に立ち返り、世界へと前進する。

新製品の可能性を求めて私がアメリカを訪れ、クロセットドアに出会ったのが1973年のことでした。それから30年、再び私の中で新しいことにチャレンジしたいという思いが膨らんできています。2002年に上海事務所を設立したこともそのひとつ。今後は中近東やヨーロッパにも拠点を設ける構えですが、こうした海外戦略においては、いかに日本の伝統である美をアピールするかがテーマになってくると思います。また、それだけでなく、その土地ならではのデザインと我々のデザインを融合させた、まったく新しいデザインが生み出せる可能性も考えられます。

こうしてユニオンのフィールドがまた大きく広がろうとしている今だからこそ、私はものづくりの原点に立ち返ることが重要だと思うのです。

これも昔私が訪米した時のことですが、一人のアメリカ人がユニオンの商品を手に取り、“jewel!”と言いました。すごい、こんなに美しいデザインは見たことがない、まるで宝石のようだと。

欧米のモダンデザインの洗礼を受けた私たちが日本の匠の技をもって芸術と呼べる製品を生み出し、世界へと発信する。 それがユニオンのものづくりの本質であると思います。“アートウェア”のコンセプトのもと、私たちはこれからも人と空間の心地よい出逢いに向け、 果敢なチャレンジ精神と豊かな創造性を最大限に発揮していきたいと考えています。

代表取締役社長 立野純三

pagetop