ドアハンドル、レバーハンドルをはじめとする建築金物ユニオンの製品は、その全てが“アートウエア”です。
お取引先様専用
Japanese|English



UNIRETURNtop
紫外線で除菌 オゾンで脱臭 ゴキブリ対策でも注目のオゾン ユニリターンの特徴 ユニリターンの商品仕様 ユニリターンのご利用例
マイナスイオンとピュアオゾンの力で清々しい清潔空間へ
紫外線で除菌
紫外線ランプから放射される紫外線には微生物や細菌を殺す強い作用があり、ご家庭やオフィスなどの空気中に浮遊するウイルスや細菌を 99.9% 除去します。
紫外線殺菌の仕組み
紫外線による殺菌データ
グラム陰性菌 mW・sec/cm2 グラム陽性菌 mW・sec/cm2
変形菌 3.8 溶血連鎖球菌 7.5
赤痢菌 4.3 白色ブドウ球菌 9.1
チフス菌 4.4 黄色ブドウ球菌 9.3
大腸菌 5.4 結核菌 10.0
コレラ菌 6.5 馬鈴薯菌 18.0
緑膿菌 10.5 枯草菌 21.6
カビ mW・sec/cm2 ウイルス mW・sec/cm2
肉(灰色) 35.4 インフルエンザ 6.6
チーズ(緑) 26.4 感染性肝炎 8.0
(京都府立医大 調査) 
紫外線殺菌の仕組み
ランプが点灯するとランプの表面温度が約10℃上がり、ランプ周辺の空気が暖められて上昇気流が発生します。

この時、空気中に漂っている雑菌やウイルスは紫外線で殺菌除去され、同時に空気中の酸素から生じたオゾンと混合された清浄な空気が上面のスリットから出てきます。

紫外線ランプ点灯中は、この空気の循環サイクルが継続され、室内の空気は徐々に雑菌の少ない清浄化された空気に入れ替わってまいります。

紫外線殺菌サイクルは、すべてランプカバーの内部で行なわれ、室内に紫外線が漏れることはありません。
紫外線殺菌の図
紫外線殺菌と安全性
ユニリターンに使用している紫外線ランプから放射される紫外線の強さは0.2mW/cm2で、曇天時の朝の自然紫外線とほぼ同じです。
機器上部のオゾン対流口からランプを直視し続けない限り、安心してご使用いただけます。
ランプカバーの左右にあるスリット(縦形のすきま)から見える青色の反射光は眺めていても問題はありません。
top

pagetop