ドアハンドル、レバーハンドルをはじめとする建築金物ユニオンの製品は、その全てが“アートウエア”です。
お取引先様専用



2017年

助成課題決定一覧

調査研究

(単位:千円)

申請者氏名・
所属・専攻分野
研究課題名 研究報告 共同研究者 助成金額
秋田 亮平 東京藝術大学
美術学部建築科
教育研究助手
デジタルファブリケーションを用いた熱可塑性不織布の「変形のデザイン」研究 要約
  • 金田 充弘(東京藝術大学美術学部建築科 准教授)
1,500
植木 啓子 大阪新美術館
建設準備室
主任学芸員
関西における家電製品及び工業製品としての住宅にかかる歴史記述の試みと複合的視点による戦後工業デザイン史の研究 要約 1,342
安田 幸一 国立大学法人
東京工業大学
環境・社会理工学院
副学院長 教授
水族館建築の鯨類「種の保存」水槽に関する先端事例調査及び研究 要約 1,500
改井 陽一朗 京都大学大学院
工学研究科
技術補佐員
レーザ光を利用した高効率かつ意匠性の高い住空間照明器具の開発 要約
  • 小島 一信(東北大学多元物質科学研究所 准教授)
  • 高取 愛子(京都大学大学院工学研究科 講師)
  • 大石 昌嗣(徳島大学大学院理工学研究部 准教授)
1,500
下田 元毅 大阪大学大学院
工学研究科
助教
「井戸」その利用と造形の地域文脈に関する研究と新たな井戸空間の創出 要約
  • 木多 道宏 (大阪大学大学院 工学研究科 教授)
1,580
田端 千夏子 三重大学大学院
工学研究科
助教
連続成形による木質ハンドレールのプロトタイプの制作およびその製造方法の探求 要約
  • 富岡 義人 (三重大学大学院工学研究科 教授)
1,500
6件     8,922

国際交流

(単位:千円)

申請者氏名・所属機関 課題名 研究又は
活動報告
助成金額
遠藤 秀平 神戸大学大学院
教授
世界遺産に認定されたル・コルビュジェによる設計の難民避難船“アジールフロッタント”を国内に紹介する展覧会の開催 要約 1,000
平沼 孝啓 特定非営利活動法人
アートアンドアーキテクトフェスタ
代表理事
U-35 Under35 Architects exhibition 2017 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会 の開催 要約 1,000
2件   2,000

在外研修

(単位:千円)

申請者氏名・専攻分野 研究課題名 研修報告 助成金額
川島 千枝 Politecnico di Milano
ミラノ工科大学 大学院
イタリアを中心としたヨーロッパの歴史的建造物の活用と再生の方法及びそれらを取り入れた都市再生の手法について―都市生活者のアクティビティと公共空間の関係及び、歴史的、社会的背景に注目し、日本に於ける新たなデザインの可能性を探求 要約 1,800
池内 麻依子 The University of Lapland,
Master's degree student
“北極圏地域における雪と氷を利用したパブリックアートとランドスケープのデザインの研究”
(詳細については作品と論文についての書類に記載。)
要約 1,800
2件   3,600

創作活動の顕彰

デザイン賞(第23回)作品をご覧になりたい方は下表の作品をクリックして下さい

テーマ:「中産階級の美学・再び」

審査員:古山 正雄氏

審査講評

(単位:千円)

受賞者氏名/所属機関 作品名 共同制作者 顕彰金額
優秀賞 久恒 玄季
九州大学大学院 芸術工学府
デザインストラテジー専攻
memento mori 作品   300
優秀賞 佐藤 康行
東京理科大学 大学院
理工学研究科 建築学専攻
街灯の下のピアニスト 作品   300
優秀賞 秋吉 由登
横内敏人建築設計事務所
イエの叙事詩 作品   300
佳作A 岸本 賢
京都工芸繊維大学大学院
工芸科学研究科 建築学専攻
万物は流転する 作品   200
佳作B 山本 祥史
東京理科大学 大学院
建築学専攻
階級の壁を超えて 作品   200
佳作B 畠山 拓也
九州大学大学院 人間環境学府
空間システム専攻
The House of Blue Collar 作品 高橋 豪志郎
中山 颯梧
野嶋 淳平
福田 拓人
200
佳作C 瀬川 育未
筑波大学大学院 
人間総合科学研究科
環境デザイン専攻
智の積層 作品   200
佳作D 山口 薫平
東京理科大学大学院
理工学研究科 建築学専攻
街を所帯する欲望の住処。 作品   50
佳作D 梔i 晋
九州工業大学 大学院
建設社会工学専攻
超画一社会と欠陥住宅 作品   50
佳作D 岡田 夏樹
日本大学 生産工学部
建築工学専攻
中産階級の美学/
サヴォア邸により共鳴する世界の富
作品   50
佳作D OUNCHANUM PIYACHON
京都工芸繊維大学
Hopewell : public area for all age and all people. 作品   50

※ 15名には古山先生著書「安藤忠雄 野獣の肖像」を副賞として授与

創作活動の顕彰

デザイン賞(第24回)作品をご覧になりたい方は下表の作品をクリックして下さい

テーマ:「インフラとしての建築」

審査員:千葉 学氏

審査講評

(単位:千円)

受賞者氏名/所属機関 作品名 共同制作者 顕彰金額
最優秀賞 鈴木 翔之亮
横浜国立大学大学院
都市イノベーション学府
屋台の風を吹かす街角の給水櫓 作品   500
優秀賞 菅野 正太郎
mi Co.
浮遊する伽藍 作品 園家 悠司 400
優秀賞 野本 壮太
京都工芸繊維大学大学院
工芸科学研究科 建築学専攻
連担のすゝめ 作品   400
佳作A 鈴木 俊
東京理科大学理工学研究科
建築学専攻
主体(不)在の庭 作品 國分 元太 200
佳作A 横山 大貴
日本大学大学院理工学研究科
建築学専攻
百年復興住宅 作品 藤井 将大
佐藤 千香
200
佳作A 渡部 総一郎
フリーランス
Basement City 作品 200
佳作B 池川 健太
フリーランス
依存的多動建築 作品   150
佳作B 田村 聖輝
横浜国立大学大学院Y-GSA
建築都市文化専攻
川の営みと共に
-川の流れを受け入れる治水技術による生物多様共生型の水涯線-
作品   150
佳作C 齋藤 直紀
慶応義塾大学大学院理工学研究科
開放環境科学専攻
ボロくてかわいいまちの インフラ 作品   100
佳作C 横田 英雄
フリーランス
地中の森 作品   100
佳作C 山崎 嵩拓
東京大学大学院 工学系研究科
都市工学専攻 特別研究員
都市計画(景観・緑)
なぜインフラは地中に埋没しているのだろうか? 作品 尾門 あいり 100

pagetop